冨田弁護士が監修に携わった本が出版されました。