訴訟案件

事前規制から事後規制への社会の変革は、当然のことながら事後チェック機関としての司法の役割を増大させることとなり、近年、司法制度は抜本的な改革がなされました。これにより、従来の民事訴訟は充実化・迅速化が図られ、また、専門的知見を要する事件への対応が強化されているところであります。そのため、かかる司法制度を利用する側としても、個々の案件に適切な手続を取捨選択することが、自らの権利保全を適切かつ迅速に図るために必要となっております。
当事務所は、このような司法制度の変革に対応し、紛争解決に最適な手続を提案・実行していくことを目指しております。

訴訟案件説明図

ページの先頭へ