M&A、ターンアラウンド案件

従来、M&Aと倒産はそれぞれ別個独立した法分野として取り扱われてきましたが、平成12年に民事再生法が施行されて以来、両分野にまたがる案件が急増してきております。特に最近では、近時急速に発展したファイナンスの手法を取り入れた複雑なスキームも増加しているところです。これらの案件はターンアラウンド案件とも呼ばれるものであり 、今後も増加すると考えられます。
当事務所は、このようなターンアラウンド案件をはじめとするM&A、事業再生、倒産案件等について、スキームの策定、デューディリジェンス、ステークホルダーの意見調整、契約交渉、ディールのクロージングに至るさまざまな過程での支援を提供しております。

M&A、ターンアラウンド案件説明図

主な取扱事例

  • 大手地銀のグループ内再編案件
  • 各種地方有力企業の銀行主導による私的整理案件
  • 地方流通企業の私的再生案件
  • 各種民事再生・会社更生案件(不動産デベロッパー、ゴルフ場、旅館業)

ページの先頭へ