不動産流動化案件

近年、不動産のファイナンスにおいては、流動化・証券化の手法が利用されることが多くなってきており、この手法は既存物件の買収案件に留まらず、開発型と呼ばれるものについても多く利用されるようになっています。
当事務所は、不動産の流動化・証券化の各種手法に対応するとともに、これらを利用したスキーム策定に関する総合的なコンサルティングを提供いたします。

不動産流動化案件説明図

主な取扱事例

  • SCの開発型流動化案件(TK型)
  • 各種商業ビル・ホテル買収案件(TK、TMK型)
  • 映画ファンド案件

ページの先頭へ