知的財産・エンターテイメント法務

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

音楽、映像、出版物など、エンターテイメント業界が包含する分野は多岐にわたり、それぞれの業界に独自の規制も存在する中で、昨今は、SNS等の情報配信サービスの進歩に伴い、コンテンツの著作権、商標権等の知的財産権に関する侵害の可能性が高まっています。
当事務所では、コンテンツ製作の初期段階から携わり、商標権等の適切な権利の獲得、クライアントのビジネスに即した適切な契約の提案を通じて、紛争を未然に防ぐアドバイスを行っております。また、著作権等の侵害については、日本国内の法律だけでなく、アメリカ等の海外の法律・制度を利用するなど、事案に即した解決方法を提案いたします。

主な取扱案件
  • Youtube上の著作権侵害における投稿者の特定
  • 海外サーバ上の著作権侵害事案における外国通信会社との訴訟
  • 外国手続を利用したTwitterアカウントの凍結の解除
  • ゲーム実況に関する著作権問題のガイドライン策定・解決
  • 出版社・ゲーム会社・芸能事務所等における法務全般
知的財産・エンターテインメント法務

スポーツ法務

スポーツビジネスでは、スポーツイベントやテレビ放映に関する権利関係、スポンサー契約、関連コンテンツの知的財産権の保護など、幅広い法律関係への対応が必要とされます。当事務所では、スポーツ団体のガバナンスに必要とされる各種規程の作成、スポーツビジネスで求められるあらゆる分野の契約書の作成を通じて、スポーツ団体及びスポーツ選手のサポートを行っております。

スポーツ法務